全女性に読んで欲しい1冊「ちゃん卒」

今回取り上げたい1冊はこちら!!!

「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本(小田桐あさぎ)

普段普通に暮らしている人にとって劇薬にもなりうる内容。

目次からなかなかヤバそうな見出し。↓

  • 有給・仮病で人生好転
  • 職場メンヘラは潤滑油
  • 家事は週3時間で大丈夫だった
  • しなきゃいけない育児なんてほぼない
  • 毎日のお風呂は美容に悪い!?
  • 複数人と同時交際、は合理的
いもこ

えっ…!!!激ヤバじゃん…!!!笑

と言いたくなる見出し。でも読んでみると…あら不思議。納得できる箇所が…。

今の日本人女性は「自分以外の誰か」を優先することが当たり前です。男性は、自分の仕事を選ぶ際に「家庭や育児とも両立できそうな仕事」なんて基準で考える人はまずいません。

~でも女性にとっては、仕事では男性を優先に、結婚したら夫を優先に、子どもができたら子どもを優先にするのはごく当たり前のこととして思われているのです。

「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本よりp230引用

思われてもいるし、実際自分がそう思っていることに改めて気づく。

いもこ

女として、、妻として、母として、

「ちゃんと」しないといけないという思い込みがある。

ちゃんとするのを全部やめるというわけではなくて、

嫌いなこと苦手なことをやめて、自分の得意や好きなことをやっていこうよ!

って話。

だから週1お風呂でもOKと書かれてあったけどそれは個人個人の好きずきだよね。お風呂好きだし。

私が「ちゃん卒」(ちゃんとを卒業することを略すとこうなるらしい)したいことは

ずばり料理!!!

私、料理できればしたくない。毎日、毎日。朝から晩まで。。。

でも総菜やコンビニだと、栄養バランスよくなさそうだし、家計にも響くよね。と思ってました。

しかも私が作る料理は渋めのが多くて(煮物とか楽だし私が好き)、良かれと思って出す野菜たちも子供は残すことが多くてそのたびにイライラ…。

思い切って夫に相談。

いもこ

料理が正直しんどいんだよね。なんかいい方法あるかな~?

「たまにはほか弁とか食べたいし、全然手を抜いてもらっていいよ。たまには俺も作るし。

子どもも好き嫌いあるけど、そのうち食べられるようになるし

栄養とらなきゃって思わなくていいと思う。3食食べさせてるだけで上等よ」と。

そーうなんかーい!!!!!

もっと早く相談してみればよかったよ。

料理に関して、もう少し肩の力を抜いていこうと思った今日この頃。

料理に力を入れすぎてイライラしている母よりも、料理テキトーでも笑顔の母のほうがいいよな。

私が「ちゃん卒」したいこと

  • 栄養バランスのとれた料理しなきゃ→ほか弁、総菜も使おう、旦那にもお願いしよう
  • 子供の好き嫌い直さなきゃ→そのうち食べられる、気にしない。
  • 自分で掃除しなきゃ→ロボット掃除機導入しよう↓導入したYO!

今まで真面目に生きてきた人にとっては嫌悪感を感じるかもしれない。

けど私は「ちゃん卒」本を読んだことで人生もっと楽しく生きられそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

いもこ
30代パート主婦。 読書が大好き。 ママ友のいない育児中に 本を読むことで育児ノイローゼにならずに済んだ過去あり。 読書には楽しい世界があることを伝えたい。 最近では 「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本 を読んで色々力抜こう。と決心。 本のこと、家事のこと、育児のこと、仕事のこと。 日々の暮らしを楽しくしたい人のためのブログ運営します。